fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

 8月17日 回避 

今日は、研修での組織運営上の問題とその解決に1日時間を費やしました。。
と言うのも、現在の研修では受講生とそのディレクターで総勢200名以上での
運営になっている為に、色々と個人としてのその行動であったり、取り組みには
色々と個人の能力では限界があるものも多い為に、組織とを形成して、その
組織で運営されることで、その組織論的なものをシュミレーションから
実体験して学べることを目的としています。その為、その運営にはいくつかの
ルールも存在しますので、そのルールの遵守に関しても様々な状況があります。
だからこそ、様々なマネジメントの中には「リスクマメジメント」が大事です。
その「リスクマメジメント」がしっかりと出来ていなければ必ず組織に問題が
発生し、思っても見なかった大問題に発展していく場合もあるのです。
だからこそ「問題」は「発見」すれば「早期解決」が必要になってきます。
それも単に表面上の解決ではなく、「原因」を元から絶たなければまた同様のことが
何度も何度も起こるのです。要するに「対処療法」ではなく「対因療法」が必要です。

このリスクマネジメントとは、リスクを組織的にマネジメントし、ハザードの発生源・
発生原因)、損失などを回避もしくは、それらの低減をはかるプロセスを言います。
リスク・マネジメントとは各種の危険による不測の損害を最小の費用で効果的に
処理するための経営管理手法です。このことを忘れていても経営など出来ません。

この「リスク」を如何に回避するかは、企業経営にとって非常に大事で
「ピンチをチャンスに変える」と言いますが、この「リスクマネジメント」が
出来ていなければ、「チャンスをピンチ」に変えてしまうのです。

本来、現状の研修では「マネジメント」を学んでそのことで効果的で効率的な
「PDCAサイクル」を回すことを目的としているのですが、現在の研修の
レベルと言えば、少し失礼な言い方になるかもしれないが、まだまだ本質的な
企業経営の為の「PDCAサイクル」の初歩の初歩と言える内容です。

PDCAサイクルとは、サイクルを構成する次の4段階の頭文字をつなげたものです。

Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する

Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う

Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する

Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする

この4段階を順次行って1周したら、最後のActを次のPDCAサイクルにつなげ、
螺旋を描くように1周ごとにサイクルを向上(スパイラルアップ、spiral up)させて、
継続的に業務改善する。この考え方は、ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001、JIS Q 15001などの
管理システムや、ソフトウェア開発におけるスパイラルモデルを始めとする反復型開発などにも
反映されている。また労働安全マネジメントシステムでは、これらのISOと同様なPDCAサイクルを
活用して危険元凶を特定しリスクアセスメントを行うことでリスク低減を継続的に実施している。

しかしながら、すべては基本が大事ですから、この基本的なことが出来ない
ようでは、更に重要なことにも取り組めないと言うことにもなります。
その為には、指導するディレクターと呼ばれる人達には更なるスキルアップが必要です。

特に、会社法の施行により、株式会社では「損失の危険の管理に関する体制」を
整備する必要があること、また、金融商品取引法では2008年度から日本版SOX法が
施行され、財務に関する分野において、リスク管理体制の整備が求められている
こともあり、経営上、リスクマネジメントは脚光を浴びており、現在では
「コンプライアンスからリスクマネジメントの時代へ」とも言われている。

「今そこにある危機」に対して絶えず「危機管理」出来なければ企業は確実に無くなる。

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
26780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4298位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ