fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

12月28日 仕事納め 

今日は、弊社の仕事納めです。当初の予定では明日までだったのですが、
工場内の設備の緊急工事で休日振り替えがあった為に、今日で終わりです。
が・・。数名は当初の予定通り明日は出勤するようです。

弊社では、例年仕事納めは午前中は業務で午後からは大掃除となります。
そして、最後に今年一年の自分自身の成長課題に対しての進捗度を言います。
最後に、「総括」を私の方から伝えて、みんなで「一本締め」です。

成長課題と言うのは、それぞれの尺度や度合いを定量化することで明確になります。
特に、定性化していることの方が簡単に表現しやすいのです。
例えば、「今年は、自分自身の限界に挑戦してアグレッシブに本気で頑張ります!」
なんてことを言うと、何となく「頑張る!」ことは伝わってくるのですが、
そのことで結果が「頑張った」のかどうかは自分自身だけしかわからない。

他人に自分成長課題を達成することを伝えているのだから、当然、他人が
その人が達成したかどうかが一目瞭然にならなければ何の意味もないと思う。
だからこそ「定性化」ではなく「定量化」が必要になってくる。
簡単な様でとても難しいが、難しいようですが案外、簡単にも出来る。
自分自身の頑張った度合いを数値化すれば良い。でも「どうやって?」と
深く考えれば深く考えるほど深みにはまるので、現状の結果をすべて数値化
すれば良い。営業であれば、訪問件数、訪問回数、成約数、又は金額など
数値化されているものを明確にすることで、その数字を上回るものであれば
それは、「頑張った」と言える証になるかもしれない。

私達のような経営者にとっては、その「頑張った」のか「頑張っていなかった」のか
の数字は、すべて「決算書」と言う形で表れる。そして単なる「経常利益」だけで
判断するのではなく、様々な数字がそこにはあるので、どの数字に着目して
どの数字を、どのようにして行くかが、経営者としての「成長課題」になる。

一昨年から、外部環境の大きな変動でV字回復している弊社ではありますが
来期に対しての見込みはとても不明瞭な部分が多く、まるで霧で前が見えない
森に突き進んで行く状態ではありますが、自分自身の「磁石」をしっかり持って
「迷子」にならないように、絶えず周囲を意識して、進むしかありません。

来年の目標は、「今年の自社に勝つこと!」ライバルは、「昨日の自分」として
決して他人と争うのではなく、過去の自分自身に勝って行くことが成長になる。
更なる成長を目指して来年も突き進んで行きます!

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
27377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4218位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ