fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

 4月27日 定額給付金 

今日、「バラ撒き」「効果が期待できない」など散々批判されながらも、定額給付金の支給が
現実のものとなって、私のところにも支給に関する封筒が届いた。
酷評から一転して世間では歓迎ムードも見受けられる。麻生内閣の支持率も上がってきた。


今回の定額給付金の使い道に関する調査というのがされていてその結果が
全国20~59才の男女に、定額給付金が支給されたらどのように使いたいか尋ねたところ、
1位が「外食」で28%、2位は「普段の生活費の補てん(22%)」、3位は「旅行(22%)」です。
具体的な内容を尋ねたところ、「外食」に関しては、半数以上が「焼肉」と回答しました。
また、「旅行」では6割以上の人が「温泉旅行」と回答、「レジャー」では「東京ディズニーリゾート」と
回答した人が4割となりました。「家電製品」は、2011年に予定している地上デジタル放送への
完全移行の影響か、「薄型テレビ(23%)」が1位となりました。

既婚者に対して、定額給付金の使い道をどのように決定するか尋ねたところ、
「家族で話し合って決める」が48%で最多となりました。次いで「各自に配分して
自由に決める」が25%、「妻が主導で決める」が22%となりました。

その中でも「プチ贅沢」の内容を自由回答形式で具体的に記入してもらったところ、
「ブランド牛を買って家で焼肉をする」や「発泡酒ではなくビールを飲む」、「予定よりも
高性能の家電を買う」など、少しだけランクの高い食事や買い物をしたいという回答です。

しかし、一方では慈善団体等への寄付を考えている人も少なくないようだ。
しかし、寄付といえば街頭募金くらいしか思いつかない……という人のために、
今月18日に設立された「定額給付金基金」は、定額給付金を世の中に役立てたいと
考える人に「信頼できるNPO団体への寄付」という選択肢を提案し、同日開設した
Webサイトで寄付を呼びかけている。

その中で、1万2千円あれば、と言うことで色々と紹介されていた。

・相談できる相手のいない子ども60人が、無料で電話をかけ、話を聞いてもらえます。
・子どもに「チャイルドライン」の電話番号を届けるカードを1万枚、作成できます。
                        (活動団体:チャイルドライン支援センター)

私たちは1万2千円で、住まいを失った4人の生活困窮者が公的なサービスにつながるまでの
間の緊急支援を行なうことができます。
                         (活動団体:自立生活サポートセンター・もやい)

フィリピンでは孤児院に対する政府の援助はありません。そのため、孤児院の自給自足
プロジェクトを実施しています。いただいた寄付は野菜の種や苗木として活かします。
ちなみに、約2万円あれば、孤児院の子どもたち30人が食べる野菜一週間分を作ることができます。
                                   (活動団体:ACTION)

1万2千円で100家庭に安心して過ごせる居場所があることを知らせることができます。
(別途調査・研究・提言等にも使用します。)
・100家庭×(80円(メール代)+30円(コピー代10円×資料3枚)+5円(封筒代))=11500円
500円(文具代+作業ボランティア旅費)11500円+500円=12000円
                           (活動団体:フリースクール全国ネットワーク)

1000円で1台、1万2000円で12台の鍵盤ハーモニカが、海を渡り、メロディを奏で、
世界のどこかで一生懸命がんばっている子どもたちに届きます。
                                      (活動団体:国境なき楽団)

バングラデシュやネパールで、行政などの支援から「取り残された人々」への支援活動と、
「取り残された人々」を取り巻く周囲の人々や地域社会へ1万2000円で「ストリートチルドレン」が
通う青空学級を2ヶ月間運営することができます。
また、2万円で、「家事使用人として働く少女たち」の雇い主に対して、子どもたちの権利に
ついて知るワークショップを2回開催することができます。
                     (活動団体:シャプラニール=市民による海外協力の会)


その他に、下記の団体でも寄付を受け付けている。

日本赤十字社
国内外の災害における医療救護や救援物資の援助、義援金の受付・配分。
献血の募集と輸血・血液製剤の供給など

赤い羽根共同募金
高齢者向けの在宅福祉事業、ボランティア育成事業、児童の事故防止など。
毎年10月からの共同募金以外でも募金を受け付けている

私のところは、三人で¥44,000の支給ですが、どう使うかは思案中です・・。。

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
27377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4218位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ