fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

 3月29日 マインド 

今日は、久しぶりのゴルフもなく完全オフでした!
テレビで厳しい販売不振が続く米自動車市場で、韓国メーカーの現代自動車が新車販売で
躍進を遂げていると報道されていた。「もし失業したら、ローンで購入した自動車をコストなしで
返却できる」という新制度が、先行きにリストラなどの生活不安を抱える顧客層をとらえたためで、
現代自動車は低価格が定評だが、米市場での知名度は今ひとつだった。それが、ここにきて
飛躍を遂げた秘密は、米国初の自動車返却プログラムの導入だ。

このプログラムでは、ローンで自動車を購入した顧客が、1年以内に、失業してローンが
支払えなくなったり、死亡、けが、他国への移転、自己破産などに見舞われた際には、
顧客の負担なしで自動車を販売業者に返却できる。保険制度が自動車の現在価値と
ローン残高の差額を最大7500ドル(約69万円)までカバーする仕組みとなっている。
突然のリストラで支払いに行き詰まる事態を心配せずに、自動車をローンで購入できるわけだ。

このことで米自動車業界にも同じようなシステムを導入する会社も出てくると思いますが・・。

完全オフと言っても、家でずっとゆっくりさせてもらえるほど甘くはない!
娘からは、「どっか行こう~!」と言われれば行くしかない・・。。

娘からは、「イケア」か「コストコ」と希望が・・。多分奥さんの希望も入っている。。
結局、「コストコ」に行くことになった。、「イケア」と「コストコ」とは、欧米系の店舗ですが、
ビジネスモデルが非常に似ています。巨大な店舗を郊外に作って、売り場であって商品の
在庫置き場になっている。商品の陳列に特に凝っているわけではない。価格の安さで勝負。
入り口では必ず係員から大きなカートや袋を持つように促される。店内には店員が少ない。
徹底的なコスト削減、低価格戦略。。そしてどちらの店も、広い店内を回ったゴール地点に、
ちょうど良い具合にフードコートがある。歩き疲れたお客が次々と、飲み物と軽い食事を求めて
レジ同様に並んでいくのを見て、「オアシス化」が「顧客満足」のマインドとなっている。
因みに、「コストコ」の「コーラ類」が飲み放題で80円は安い!ミネラルウォーターは一本30円!

コストコが第2四半期の決算を先日発表していました。売上高は1%減、最終利益高は27%減の
減収減益、既存店成長率は3%減だったのですが、ガソリンのデフレとドル高による為替の影響を
強く受けてまして、この2つを除くと既存店成長率は5%増でした。

バランスシートを見ると会員費収入が3.7%伸びています。半期にすると4.9%増。
MWCのビジネスモデルは荒利益率と販売管理費率をほぼ同じとし、会員費が利益となる、
というものです。ですからこの会員費が伸びていると言うことは、ビジネスは順調に伸びていると
判断してほぼ間違いがない。景気が悪いから会員になるという人が増えているのかもしれない。
日用必需品は売れてるが、それ以外はだめ、ということです。現在の市場の動きをそのまま
反映してます。

「コストコ」の代表的な戦略と言えば「トレジャーハンティング」戦略です。
通常、商品が売り切れた場合には速やかに補充されるのに対して、コストコでは売り切れると
終了になる。この売り切れご免を「トレジャーハンティング」戦略とよんでいる。気に入った商品は
その場で買わなければ2度とコストコの低価格で購入できない「数量限定」戦略です。
日本人は特に「季節限定」とか「本日限定」とかにとても弱いのですから・・。。


「コストコ」に入ると正面で一際目を引いていたのは「「液晶テレビ」でした!
それも、たくさんの人が足をとめて見ていた。理由は「42型で¥98,000」の
価格にでした。このテレビはアメリカのテレビベンチャー「VIZIOビジオ」製です。
「VIZIOビジオ」は工場を持たないで、パネルを韓国や台湾メーカーなどから調達し、
中国の工場などに組み立てを委託することで、低価格の液晶テレビを供給しています。

パナソニック、シャープ、ソニーなどの液晶テレビもかなり安価になってきていますが、
ビジオの薄型液晶テレビの価格には及びません。ビジオは日本の販売ではOEMでの
販売を行わないで、ビジオブランドで液晶テレビを販売しています。デザイン、画質、価格の
3つが液晶テレビの特徴で、ビジオは大きな自信を持っています。

液晶薄型テレビでは、高画質の機種は価格がかなり高くなり、低画質の薄型液晶テレビは
安いというイメージ一般的ですが、ビジオVIZIOは高画質で安いことを目標に薄型液晶テレビを
作り、多くの消費者から信頼を受けています。ビジオの薄型テレビはアメリカでは現在約3万の
店舗で販売され、会員制のコストコ倉庫店で最初に販売され、高画質で低価格で人気が出たため、
販売する店舗が増えてきたそうです。


「価値がなければ、その店に行く意味がない」このことを消費者マインドとして忘れないことです。
スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
15261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2652位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ