fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

10月 7日 管理 

今日は、南大阪の経営研究会の初めての試みで、山本会長ならびに築林・松木両副会長が
会員の皆さんの為にじきじきに、生きた情報の公開ということで自社の管理に関しての講演で
別府委員長からの強い思い入れもあり、非常に学びが多いと言うことで行って来ました。

戦略委員会1
とても、緊張されていた様子ですが・・。サポータータイムの経験が活かされてるようです。

まずは、松木副会長から、「進捗管理は、毎週チェックする」そして「続ける為には簡単にする」と
言う事で、自社で現在使われている、「週間行動予定表」に基づいてお話を頂きました。
「運送業」の松木副会長の業界は、決して安穏としている状況ではなく、昨年からかなりの
同業者が倒産に追い込まれているという大変厳しい業界ではありますが、着実に業績を
伸ばされている原因は、「管理」という概念を理解されて、実践されていることに他ならないと
言うことが、とてもよく理解できました。ご自身が発表されていて、ご自身で自社の課題にも
気づかれていたようですので、今後も更に躍進されるのではないかと感じました。

戦略委員会2

続いて、築林副会長からは、方針策定には大事なものが「3つある」というお話では、
「理念・ビジョン」の大切さ、外部環境と内部環境の現状分析の重要性などを伝えられ
現在の自社での方針から現場に落とし込んだ管理の取り組みを非常に懇切丁寧に、
資料に基づいてお話をされました。

特に、「社長方針」に基づいての、「月次行動計画の報告書」から、「良かった点」
「反省すべき点」、「どう強化するか」、「どう改善するか」を「次月度方針」に明確に
打ち出されていて、「年度社長方針」での「目標」に対しての「差異」を「月次」で
しっかりと「分析」されて、そのことで「修正」をされて行っているのはさすがです。
計画段階と実行段階と差異段階でのそれぞれの目的が明確でした。

最後には、山本会長からは「計画を達成するため」の「我社の進捗管理方法」と題して
自社の進捗管理方法を「進捗管理フロー」に基づいてお話されましたが、
「繁栄計画書」から「中期経営方針」に、その中期に基づいて「年度経営方針」に
そして、5部門ある各部門の「部門方針」に、その「部門方針」から「個人方針」にと
上から下に流れるような、「方針管理」の「流れ」になっていることをお話頂きました。

その「進捗管理」に関しては、「個人エントリー」が、「担当者別集計」、「カテゴリー別集計」
「先行管理」という形で、「数値計量化」されていました。その「管理ソフト」に関しては、
「エクセル」にて「カスタマイズ」されたものだと仰っておられましたが、数値化されたものを
社内で、数々ある方針に対して、どのような「優先順位」で「実践」するのかのお話を
皆さん聞きたかったのだろうと思いましたが、時間の都合で聞けなかったのが残念でした。

管理といえば、研修などでも一番の課題が、なぜマネジメントサイクルがうまく回らないのか?
PDCAサイクルのマネジメントサイクルがうまく回らない理由は何か。
また、うまく回していくためには一体何を深く考えなければならないのか。ということです。

その原因とされているのが、下記の三点と言われています。

①方針が不明確        
 事業を方向付ける経営の「方針」が曖昧なケースで例えば、既存顧客の深耕と
 新規顧客の開拓のどちらを優先するか、といったシンプルな方針さえ決まっていない場合がある。
 その際、いくら実行を徹底して業績を高めても、本来望んでいた結果と食い違うことがあり仮説と
 実行のつながりが途切れる。

②リーダー層の価値基準のブレ
 リーダー層、特に現場リーダーの価値基準のブレによって、当初「このレベルの質なら競争力が
 ある」と設定した品質の高さや技術の水準が崩れ、質の高いマネジメントサイクルが回らなくなる
 場合もある。実行の不徹底によりマネジメントサイクルが分断されるケースといえる。

③顧客接点での感度の低下 
 はっきり言えば、顧客の顔色(空気」が読めないケースである。決まりきった手順・手続きに
 慣れきってしまうことで、本来は察知すべき微妙な顧客の満足度の変化を捉えきれず、
 結果として「なぜ顧客が離れていったのか」を理解することができない。検証の質の低下による
 マネジメントサイクルの分断といえる。

以上の三点に留意することで、現状のPDCAサイクルがスパイラルアップになる。
まだまだ、学ぶことが多いです。  


スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
27377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4218位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ