fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

5月29日 反省 

テレビのニュースで牛肉の産地偽装などで経営が悪化し、とうとう廃業することになった
料亭「船場吉兆」は、廃業に伴い従業員(約80人)を全員解雇することを明らかにしていた。
負債額は約9億円に上るといい、あの「ささやき女将」の湯木社長は廃業の原因について
「のれんの上にあぐらをかいていた」としていた。また、客が食べ残した料理を使い回していた
問題に関し、新たにフルーツ寄せゼリーなど8品目でも行っていたことを明らかにしていた。

今回、1時間程の会見で、顔を上げたのはわずか30秒程度で謝った回数は8回となっていた。
そのずっと頭をずっと下げていたのは、記者会見用のQ&A用の紙をずっと見ていたらしい・・。
廃業に関しては、「断腸の思いで廃業します」。と言っていたが、この人にとって断腸って
痛くも痒くもないのかなって、疑問にも思う、次から次への不祥事の連続。。

最初の不祥事発覚の時点ですべてを明らかにし謝罪しておけば、廃業にまで追い込まれる
ことはなかったはずで、事後処理も悪過ぎた。人情に厚い大阪人は再開をもう一度応援して
あげようとしていたのに、店は料理の使い回し問題で再び客を裏切ってしまった。
ここまで来ると言い訳を聞く余地はない。廃業は当然のけじめで、のれんに誇りがなく、
もうけばかりに走った結果だと言える。

私の母の実家が東京・浅草で老舗の料亭をやっていて、今は祖母が亡くなる数年前に、
廃業し賃貸マンションになっている。祖母は、けっこう有名人で「徹子の部屋」とか
昔やっていた「スター千一夜」なんかにも度々出演していて、本も数冊出している。
別館では花魁道中などが観覧できて「はとバス」の観光コースにもなっていた。

当時は、今は亡き、松竹の藤山寛美さんや、フーテンの寅さんの渥美清さんや、
歌舞伎界や落語界の方達で毎日のように賑わっていたが、バブル崩壊後には、
一気にそのしわ寄せがきて、借金まみれになる前に早々に廃業したのではあるが・・。

子供の頃から、よく行っていたが、調理場だけには勝手に入ってはダメだと言われていた。
料理長は、板前さんたちにはとても厳しく、時々調理場の裏で泣いていた若い子達もいた。
でも、私達にはとても優しく、「おやつ」とかも色々と作ってくれていた。

祖母が大阪に来たときは、いつも「船場吉兆」や京都の老舗料亭に連れて行かれたので
「船場吉兆」の廃業は、祖母の思い出までが消し去られたようで、憤りさえも感じる。

今後、破産手続きに向かうが、解雇される全従業員約80人の受け入れ先はほとんど
決まっていない。他の吉兆グループからの採用申し入れもないという。吉兆グループの
料理人らに対する業界の評価は高いが、一方で、船場吉兆の場合は使い回し問題などを
起こした点が厳しく批判されており、これが次の雇用の足かせとなっているようだ。

お客様を裏切っただけでなく、多くの料理人の方たちまで裏切ったことに
深く深く反省して欲しい。

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
26780位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4298位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ