fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

 6月17日 組織人事 

毎年この時期になると経営研究会の組織人事を策定しなければならない。
私自身が組織人事に携わって4年になりますが、正直とても大変です。。
会長と色々と決定していくのですが、昨年は任期の都合もあって割とスンナリと
行ったのですが、今年は任期満了者が13人もいますので大幅な刷新が必要です。
今日も約3~4時間かけて検討したのですが、中々思うようには進まなくて・・。

一般企業で言えば、組織人事と言えば「会社の成長」を簡単に言えば、売上が上がること、
利益が上がること、そして社員の生み出す価値が上がること。つまり社員ひとりひとりの
成長こそが、企業を強くする最大の要因となります。経営陣とともに組織の未来像を描き、
それを叶えるポテンシャルある人材を確保し、社員の成長を最大限に実現する環境をつくること。
これこそが、人事という仕事の最も大きな役割になります。

人事制度の出発点として人事戦略があり、人事戦略の親として経営理念・経営戦略がある。
この繋がりがあってはじめて、我が社の人事制度はなぜこういう制度なのかを社員に
はっきりと説明することができます。ところが、この繋がりを明確に持っている会社は
本当に少数です。これからの低成長時代に社員さんの力を結集して三位一体の経営戦略を
達成してゆくためには、どうしてもこの繋がりが重要になってきます。

経営戦略から人事戦略を導き出し、その人事戦略に則って人事制度を構築する。これによって、
個々の具体的な制度となったときにも、最終的には経営理念、経営戦略とつながっていることが
確認できます。怖いのはその時々の経済情勢や経営状況によって個別の制度を変更せざるを
得ない場合です。よく業績研修などで「収益構造の再構築」の際には検討事項として例えば
人件費を変動費化させたい、プロセスの評価を入れたいと言った時です。その変更は経営戦略、
人事戦略のどこから出てくるのか、その繋がりを時間的制約などによって検証するのを忘れて
しまうことがあります。個々の制度がどう経営につながっているのかを常に意識しておくことで
経営と直結した人事を確保することができます。まず、出発点が押さえられていること、これが
なによりも大切です。

経営戦略を支えることの出来る人事戦略を構築するにはまず自社の中長期経営戦略を見て、
それが「人」に関して何を必要としているのかを抜きだすことです。つまり、経営戦略を
人事の言葉として理解するということです。例えば、経営戦略で「5年間で店舗数を20%増加する」
ということが出ているとします。そうすると、この戦略目標は「人」に関して何らかの手当てを
必要としているのかを考えます。まずは店舗数が20%増加するのであれば、これらの店舗の店長を
どこで探すのか? 労働市場で探すのか、それとも社内で育成するのか? そして、新店舗の店員は
どのような人材が必要なのか等々、人に関しての多くの要求が見えてきます。これらを総合して、
まず、これからの中長期の期間にどのような視点で人材を育成し、動機付け、戦略達成を支えるかに
ついて経営者が明確な方針を出します。そして、この方針に沿って、採用や報酬と言った個別分野
の戦略を立ててゆきます。このようにして、経営戦略を支える人事戦略が生まれ、この人事戦略を
出発点として、制度全体を設計してゆきます。これによって、個々の制度が常に経営戦略を支えて
いると言うことが確認し理解され納得することで安心することができます。

成長発展を実現するには、競争環境に適応した柔軟な経営戦略とリンクする組織人事戦略が必要です。
特に、企業の競争力は最終的には人材力で決まりますから、組織人事戦略が極めて重要な役割を
果たすと考えられます。企業が成長を実現して、好業績を維持するには、他社には真似されない
組織独自の強みを持つことが必要です。組織の強みは、最終的に人材の強さですから、優秀な人材を
いかに育てるかが重要になってきます。しかし、企業の強みとも言える強い人材を育てるのは一筋縄
ではいきません。会社の将来像を見据えた全社的な取り組みが必要とされています。

このように会社では取り組んで行くのですが、非営利の組織ではなかなか難しいことも多く
困難を極めることが多いです。まだもう少し時間があると思っていたら時間などアッと言う間に
過ぎてしまいます。更に集中して取り組んで行かなければならです。頑張ります!!

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
15261位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
2652位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ