fc2ブログ
≪ 2024 01   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - -  2024 03 ≫
*admin*entry*file*plugin

 5月25日 完全燃焼 

全国大会も終わって、ホッと一息というところです。主管や副主管の方々にとって
無事終了しての安堵感と疲労感が交差して、しばらくは仕事も中々手に付かないことも
あるかと思いますが、逆にやっとこれで本業に専念できると気合の入っている方も
沢山いらっしゃるかと思います。

こういった大きな大会の運営に携わったりすると、その会や団体のモティベーションが
上がって活性化したりするということもあるのですが、逆に良く耳にするのは燃え尽き症候群
(バーンアウトシンドローム)のようにしばらくは、何も手に付かない状況です。

燃え尽き症候群は、嫌なことや辛いことを我慢して続けている最中になるのではなく、
何かを一生懸命やった後、その対象や目的が達成して、その後のやりがいなどを失って
しまったり大きな仕事の成功でもなります。献身的で使命感の強い人に多いようですね。
病気ではないのですが、一般的に言われるうつ病とは非常に近い微妙な状態だと思います。
これと似た「荷おろしうつ病」というのがあり、長年の苦労からやっと解放された後や、
結婚、家の新築など、本来は嬉しいはずのことが一段落した時に発症するうつ病もあります。
つまり、フル回転していた歯車が急に止まるとバランスを崩してしまうということです

荷物って、背負っている間よりも、降ろす時に急に重さを感じるものです。降ろしてしまうと、
足元に引っかかって、もう動けない!という感じです。ただの燃え尽き症候群なら、ゆっくり
休養して頭を切り替えられれば、また意欲が出てくるかもしれませんが、うつ状態まで陥って
しまったら、抗うつ剤で意欲を持ち上げる治療をしないとダメです。要は脳内物質のガス欠
みたいなものなので、薬で燃料を補給するのです。

燃え尽き症候群の対処法に関しては本人も企業やいろいろと頭を悩ませている問題だと思います。
燃え尽き症候群自体は昔からありました。最近の燃え尽き症候群はその手のものとはまたちょっと
違ってきているようです。時代の流れが速すぎることもあるのか、必然的に燃え尽き症候群の対処法も
変わらざるを得ないと言えます。

昔との具体的な違いとは、それは燃える対象の変化が一番にあげられると思います。基本的に
燃え尽き症候群というくらいですから何かに対して燃えるわけですが、昔はその燃える対象が
なんらかの上昇志向的なものだったりしたのですが最近ではコミュニケーション志向というか
承認願望的なものに向かっていると言われています。 つまり最近の傾向は他者の承認を求めて
頑張るのですがその承認が得られず燃え尽きてしまうという事らしいのです。よって燃え尽き
症候群の対処法としては承認してあげれば良いという事になるのですがそんなに単純な問題と
いうわけでもないのです。ですからその燃え尽き症候群の対処法とは長期間で働く環境を形成して、
精神的に仕事をしやすい雰囲気や継続しやすい組織のシステムになっているか、人間の対応の
仕方や変化を洞察しながら、燃え尽きないように環境改善に取り組んでいかなければなりません。

以前に、私が大阪の会長をしていた当時に「特別研修]を開催して全会員さんと一丸となって
取り組んだことで大成功を納めましたが、幸いにもこの燃え尽き症候群になることがなかったのは
すぐに次の新たな目標を設定してそのことに向かって行ったおかげでした。そして何よりも
一番の原因は、みんながそれぞれに「成功」することが目的ではなく、当初の決めていた
「目的」を達成するための一つの手段であることを理解していたからです。そのことで、
成功したからと言って誰一人として浮かれることなく次のステップに繋がって行ったことです。

今回の「全国大会」に携わった方たちは、「なぜ全国大会の主管を引き受けたのか」という
当初の目的を見失うことなく今後はその目的に向かって更に一致団結して取り組んて行けば
燃え尽き症候群なんて言葉も聞くことなく更に活性化していくかと思います。
「完全燃焼」と「燃え尽きる」こととは、何が違うかは理解されているはずです!!

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
27377位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4218位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ