fc2ブログ
≪ 2023 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2023 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

 3月15日 市場混乱 

関東地区のお得意先から電話があって「単一電池は大阪にありますか?もしあるようでしたら
送って頂きたいのですが・・」と。私は「単一電池ぐらいならどこにでもあると思いますので
すぐにでも送りますよ!」と簡単に返事をしたのですが・・。

ちかくの電器屋さんに聞くと「品切れ」で、大手量販店に行くとここも「品切れ」状態。
「なんで?」って感じでしたが、近隣の電池が置いてあろうとお店を回ってみましたが
「単2電池」を「4個入り」を2パックと「単一電池」を「2個入り」を1パックが
買えただけで、結局、東京だけでなく大阪にも全くと言っていいぐらい「品切れ状態」。

お店を回っていて他にも品切れになっていたのが「水」と「米」だった。みんながみんな
自分たちの為に買っているのではなく、私のように関東・東北地区に救援物資として
送るために買っているようです。しかし、なんでこんなにどこの店にもないのか?

おまけに「トイレットペーパー」や「ティッシュペーパー」などもなくなってきている。
量販店では、スーツ姿の男の人たちの団体と言うか4~5人のグループで色々なものを
たくさん買っている人達も多かった。救援物資の買い付けだと思うのですが、買っている
量は、その売り場に置いてあるものを根こそぎ買って行っているような状態だった。
物資として少しでも多くを送ってあげたいという気持ちがわからなくはないが・・。

生活関連物資等について買い占めや売り惜しみがあると、ひいては安定供給に影響が出てくる。
また、被災地へ物資が行き届かないということも起こりうる。

消費者におかれては、買い占めの動きがあると安定供給にも影響があり、被災地に物資が
まわらなくなるおそれも考えられるところ、生活関連物資は安定供給できるだけの十分な
量・蓄えがあることから、各ご家庭において適時適切に、本当に必要なものだけを買って
いただき、買い占めに走らないよう、冷静な行動をお願いしたい。

各テレビの報道に[被災地の避難場所」での内容が放送されることが多くなった。

ある放送で、中学生の女の子が言っていたことがとても印象的だった。

「私には、お父さんとお母さんとお姉ちゃんと家族で住む家があって、毎日当たり前に
ご飯が食べれて、学校に行ったら友達もいた。でも、今は家族みんなどこに行ったかは
わからないし、家もなくなって、食べるものもない。自分が今までどれだけ幸せだったのか
初めてわかりました。幸せって当たり前のことだったから気付かなかった。」と

見ていて涙が止まらなかった。当たり前の生活を当たり前にしていて何が幸せだったのか?
本当に大切なものはなくして初めてわかるといいますが、今はまさに多くの人たちが
そのことを感じているに違いない。私も同様で「幸せ」であることに慣れていたと思います。


被災された方はもちろんのこと、毎日、会見している枝野官房長官も明らかに目の下にクマを
作っていますし、管総理大臣も警察官や消防隊員や自衛隊員も東京電力の人たちも復旧に向け
一生懸命に頑張っているのがわかります。みんなみんな、素晴らしいと思います。

自分は今は、救援物資の手配をしたり募金するぐらいしかできないのですが頑張っている
日本人のためにエールを送り一日も早い復旧を祈ります。

頑張れ日本!頑張れ東北!  世界から届いた日本への祈り 【pray for japan】

ツィッターでも感動した。

父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、
涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」
家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。

ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、
「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。
彼らはタフだ。肉体も、精神も。

今日5歳の息子に言われました。「大丈夫だよ、ママ。地震が来たら頭守ってね。地震が
終わったら外にママ連れてじぃちゃんとこ行くからね」小さい体で守ってくれようとする
息子に涙が出ました。子供の大丈夫って言葉がこんなに大きいと思わなかった。ありがとう。

個人商店で「困ったときはお互い様セール」やってた。日用品とかが安くなってんの。日頃から
値下げしまくってギリギリ運営だった癖に……! ほとんど儲け出ないと思われる数字の値札を
貼りながらにこにこ笑うおばさんに感動した。

子供がお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、順番が近くなり、レジを見て考え込み、
レジ横にあった募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行きました。店員さんが
その子供の背中に向けてかけた「ありがとうございます」という声が、震えてました。

日本のために祈っています.一つだけである地球そしてその中に住んでいる私たちは皆家族です
心が痛くてずっとなみだが出ます. しかし希望はそばにあります.Seoul, Korea

NHKの男性アナウンサーが被災状況や現況を淡々と読み上げる中、「ストレスで母乳が出なくなった
母親が夜通しスーパーの開店待ちの列に並んでミルクが手に入った」と紹介後、絶句、沈黙が流れ
放送事故のようになった。すぐに立ち直ったけど泣いているのがわかった。目頭が熱くなった。

避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らしたとき、横に居た高校生ぐらいの
男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。
大丈夫、未来あるよ。

停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、原発で事故が起きると、
それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。俺らが室内でマダカナーとか言っている間
クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。

4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持って、
自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は
感動して泣けてきた。


都心から4時間かけて歩いて思った。歩道は溢れんばかりの人だったが、皆整然と黙々と歩いていた。
コンビニはじめ各店舗も淡々と仕事していた。ネットのインフラは揺れに耐え抜き、各地では
帰宅困難者受け入れ施設が開設され、鉄道も復旧して終夜運転するという。凄い国だよ。
GDP何位とか関係ない。

駅員さんに「昨日一生懸命電車を走らせてくれてありがとう」って言ってる小さい子達を見た。
駅員さん泣いてた。俺は号泣してた。

スポンサーサイト





この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
[ジャンルランキング]
日記
49594位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7262位
アクセスランキングを見る>>

10tt

Author:10tt
 しま しんじ 52歳
大阪市内で製造業を経営。
(他に、3社の代表取締役を兼務)
                   
アルバイト入社にて、35歳で代表取締役に就任。人材育成の教育会社の
研修に参加してそれを機に、経営に対しての勉強を始める。以来15年間
学び続けているが、まだまだやりたいこととできることに紆余曲折の日々!


presented by 地球の名言

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

笑っていいとも!目指せストラップ1/100アンケート速報

-天気予報コム- -FC2-
Present's by
3ET
時間給が円とすると

powered by 浮気調査のすすめ